医療脱毛(レーザー・ニードルなど)について

いつもムダ毛を自己処理しているけれど「綺麗に処理しきれない」「自己処理してもすぐにまた生えてきて憂鬱」など、ムダ毛処理方法にお悩みの方は少なくありません。

 

ムダ毛処理方法の中には、自己処理以外にも「医療脱毛」という方法が存在します。

 

「医療脱毛」とは、その名の通り医療、即ち、医療機関で行なう脱毛のことをいい、医療脱毛の中にも「医療レーザー」や「ニードル脱毛」などがあり、方法も様々です。

 

医療機関で行なう脱毛は医師が行なう為、不安が軽減できるという方も少なくないのですが、実際にどんなことを行なうのか不安を感じる方が多いのも事実です。

 

そこで、医療脱毛ではどんな具体的にどんなことを行なうのか?見ていきましょう。

 

医療脱毛の種類と方法

一口に医療脱毛といっても、脱毛方法にはいくつかあります。
ここでは一般的に行われている2つの脱毛方法をご紹介していきましょう。

 

・医療レーザー脱毛
レーザーとは、単一波長の光を沢山束ねることで強力なパワーを持たせた光線のことをいいます。

 

このレーザーをムダ毛の生え際に照射することで毛乳頭といって毛を生やす組織を破壊し、毛が生えないようになるのです。

 

レーザーを使った脱毛は、エステでも行なわれていますが医療レーザーの場合、エステで使用するレーザーよりも強いレーザーを発する為、効果が高いといわれています。

 

施術中は、照射する度に輪ゴムで弾かれたような強い痛みがありますが、医療機関ですので麻酔や笑気ガスなどを使った対策を取ることもできます。

 

・ニードル脱毛
一昔前まで主流だった脱毛方法です。

 

毛穴に針を差し込み毛根まで浸透させ、電流を流すことで毛母細胞を破壊し、ムダ毛が生えてこなくなります。

 

ニードル脱毛の場合、他の脱毛方法とは違い確実に毛母細胞を破壊する為、様々な施術の中で唯一の永久脱毛ともいわれています。

 

施術中は、毛穴に針を刺して電流を流す為に痛みを伴いますが、使用される針は使い捨てなので衛生面は安心です。

 

医療脱毛のメリットとデメリット

医療脱毛を行なう上でのメリットはやはり、効果が高いというのが一番だといえます。
また、医師脱毛の施術は医師が行なう為、安心だと考える方も少なくありません。

 

但し、デメリットとして脱毛のような美容医療の場合、健康保険が適用にならない為、高額な費用が掛かってしまうのも事実です。

 

部位によって金額も大きく変わりますので、施術前にしっかりチェックしておきましょう。

 

また、医師が施術を行なう為、安心ではあるものの肌トラブルなどが起こる可能性はゼロではありません。

 

こうした施術によって起こり得るトラブルなどは、施術を開始する前のカウンセリングで説明されますが、不安なことや疑問点は納得いくまで質問し十分に理解し納得してから施術を受けると良いでしょう。