ヒートカッターでのムダ毛処理について

ムダ毛を自己処理する方法の一つとしてヒートカッターの使用が挙げられます。

 

ヒートカッターとは、熱線で毛を焼き切って毛の長さを整えるための機械で除毛や脱毛とは少し違い、ビキニラインなど下着や水着からはみ出そうな毛を短くカットする目的で使用する機械です。

 

要は、除毛や脱毛のように皮膚表面に出ているムダ毛を剃る若しくは抜くことで取り除くのではなく、はみ出ない程度の長さにカットするということですね。

 

普段は見えない部分であっても、定期的に処理しておかないといざという時に恥ずかしい思いをしてしまいますので気を付けたいところです。

 

ヒートカッターのメリットとデメリット

ヒートカッターを使ったムダ毛処理についてメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

・メリット
ヒートカッターでムダ毛処理を行なう上で一番のメリットは仕上がりが自然なことだといえます。

 

また、焼いた後の毛先を丸く処理できるためチクチク感がないのも魅力です。
カミソリやハサミなどを使用してカットすると、どうしてもアンダーヘアが下着から突き出てしまったり、肌にチクチクと当たったりしてしまいますが、ヒートカッターでしたらこうしたことはないのが魅力だといえます。

 

・デメリット
ヒートカッターを使用する上でのデメリットは、使用中の臭いだといえます。
ヒートカッターでは毛を焼き切る為、どうしても使用中は毛の焼けた臭いを強く感じるのです。

 

但し、毛の焼ける臭いは使用中に発するだけで、いつまでも臭いが残ってしまうということはありませんので使用中の臭いさえ我慢できれば特に問題はないといえるでしょう。

 

ヒートカッターを使用する上でのトラブル

ヒートカッターは、肌に直接触れることはありませんので基本的にはトラブルはないといえます。

 

但し、使用方法を間違えてクシとなっている部分を直接肌に押し付けてしまったり、クシ部分を外して熱線をむき出しにするなど間違った方法で使用するとやけどをしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

ヒートカッターの場合、間違った使い方さえしなければトラブルもなく安心して使うことができますので、使用前には必ず取扱い説明書や使用方法などをしっかりと読みましょう。

 

ヒートカッターの種類

ヒートカッターには大きく分けて2つの種類があります。

 

@ヒートカッターのみのタイプ
Aヒートカッターとシャーバーが一体になっているタイプ

 

更に、どちらのタイプにも電池式とコンセント式がありますので、どのように使用するか?どちらの方が使用しやすいかなど、ご自身の使用スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。