毛抜きを使ったムダ毛処理について

ムダ毛を自己処理する方法の一つとして毛抜きの使用がありますね。

 

毛抜きを使って一本一本抜いていくこの方法は、腕や脚といった広範囲の処理よりもワキなどの範囲が狭い部位に向いている処理方法だといえます。

 

また、自己処理方法で多いカミソリやシェーバーの使用などと比べると手間が掛かる反面、毛を根元からうまく抜くことが出来れば、しばらく生えてこなくなるのも魅力だといえます。

 

毛抜きでの脱毛のメリットとデメリット

毛抜きを使ったムダ毛処理のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

・メリット
毛抜きでの脱毛の大きなメリットはコストが掛からないという点ではないでしょうか。
1回毛抜きやピンセットを購入すれば、その後はかなり長い期間使用することができます。

 

また、除毛と違いムダ毛を根元から抜くことができるので、ムダ毛処理を行なう頻度は少なくなるのもメリットの一つですね。

 

・デメリット
毛抜きを使用した脱毛を行なう上でデメリットとなるのが、手間が掛かる点と肌トラブルを起こしやすいことだといえます。

 

ムダ毛を1本1本挟み、抜いていく行為はやはり時間が掛かってしまいますので手や脚といった広範囲のムダ毛処理には向いていません。

 

また、やり方を間違えると途中で切れてしまったりうまく抜くことができない、毛抜きでの処理後はばい菌が入りやすい為、入浴やプールはいけない、汗をかいたり制汗剤の使用も良くない、肌トラブルが起こりやすいなど、トータルするとデメリットが多い処理方法だといえます。

 

毛抜きでの脱毛で起こりやすいトラブル

毛抜きを使用したムダ毛処理では、具体的にどんなトラブルが起こりやすいのか?
見ていきましょう。

 

・毛嚢炎
毛を無理矢理引き抜くことで毛根の内部が傷つき、そこから細菌が侵入して炎症を起こしてしまうことがあり、これを毛嚢炎といいます。
毛穴の部分が膨れるように腫れ、炎症が治っても跡が残ってしまうこともあり注意が必要です。

 

・埋没毛
太い毛根が毛穴内部を傷つけてしまうことで、その傷が癒着してしまったりかさぶたになり毛穴を塞いでしまいます。
こうした癒着やかさぶたにより毛穴が塞がってしまうことで本来なら皮膚の外に出るはずの毛が外に出ることなく内側で伸びてしまうことがあるのです。

 

・色素沈着
毛を無理やり引き抜くことで、肌は大きなダメージを受けます。
ダメージを受けた肌はメラニンの生成が活発になる為、色素沈着が起こりやすくなかなかシミのように残ってしまうことがあります。

 

このように毛抜きにより脱毛は、肌トラブルを起こしやすくまた、一度トラブルを起こしてしまうと跡が残ってしまいなかなか消えなくなってしまうことがあるのです。

 

コストが掛からずムダ毛処理頻度が少なくて済む、毛抜きによるムダ毛処理ですが、こうしたトラブルが起こりやすいことからあまりおすすめできないムダ毛処理方法だといえます。