脱毛テープ・脱毛ワックスの使用について

ムダ毛を自己処理する方法の中には、脱毛テープや脱毛ワックスによる方法が挙げられます。

 

ムダ毛の気になるところに脱毛テープを貼る、若しくは脱毛ワックスを塗り一定の時間放置した後、一気に剥がすことでテープやワックスを貼った部分のムダ毛を一気に脱毛することができるという方法です。

 

使用したことのない方でもかなり強い痛みがあるのは想像できますね。
では、この脱毛テープや脱毛ワックスについてメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

脱毛テープ・脱毛ワックスのメリットとデメリット

脱毛テープや脱毛ワックスによるムダ毛処理の場合、カミソリやシェーバーなどの除毛と違い根本から抜く脱毛となる為、ムダ毛が生えてくるスピードが遅くなります。

 

また、毛抜きやピンセットによる脱毛のように1本1本抜いていくのではなく、テープやワックスである程度の範囲のムダ毛を一気に抜くことができるので、こうした部分はメリットだといえるでしょう。

 

しかし、残念ながら脱毛テープや脱毛ワックスによるムダ毛処理は、デメリットの方が遥かに多いのも事実です。

 

脱毛テープや脱毛ワックスを剥がす際、毛の生える方向に逆らって剥がしていく為、毛穴にはかなりの負担が掛かってしまいます。

 

また、肌に優しい成分を使用している商品もありますが、テープやワックスを剥がす行為そのものは同じですので、肌へのダメージもかなり大きいといえるのです。

 

更に、ワックスを使用する際、解かす為の水の量や温度を間違えることで、ムダ毛だけでなく皮膚を剥がしてしまうケースや火傷を負ってしまうケースもあり、脱毛効果はあるにせよあまりおすすめできるムダ毛処理方法だとはいえません。

 

脱毛テープ・脱毛ワックスの起こりやすいトラブル

脱毛テープや脱毛ワックスを使ってムダ毛処理を行なう際、どういったトラブルが起こりやすいのか?
見ていきましょう。

 

・肌荒れ
ムダ毛を抜く為にはある程度、強い粘着力が必要となります。
その為、テープやワックスを剥がす際、ムダ毛と一緒に角質も剥がしてしまい肌荒れを起こしやすくなってしまうのです。

 

また、角質が剥がされてしまった肌は乾燥しやすく様々な肌トラブルを起こしやすくなってしまいますので注意が必要です。

 

・毛嚢炎
毛を無理矢理引き抜くことで毛根の内部が傷つき、そこから細菌が侵入して炎症を起こして毛嚢炎になってしまうことがあります。

 

毛抜きやピンセットによる脱毛でも起こりやすいトラブルですが、脱毛テープや脱毛ワックスの場合、毛抜きやピンセットによる脱毛よりも毛穴に負担を掛けてしまう為、毛嚢炎になる可能性も高くなってしまいます。

 

炎症が治っても跡が残ってしまうこともありますので注意が必要です。

 

・埋没毛
太い毛根が毛穴内部を傷つけてしまうことで、その傷が癒着してしまったりかさぶたになり毛穴を塞いでしまっている状態をいいます。
脱毛テープや脱毛ワックスでのムダ毛処理では、毛の生える方向に逆らって抜いていく為、埋没毛が一番起こりやすい処理方法だといえるでしょう。

 

脱毛テープや脱毛ワックスによるムダ毛処理では、このようなトラブルが起こりやすいといわれています。

 

カミソリやシェーバーなどを使った除毛よりも処理頻度が少なく、毛抜きピンセットによる脱毛よりも短時間で行なえる方法ではありますが、その分リスクも大きい為、あまりおすすめできる方法ではありません。