毛のう炎(毛嚢炎)とは!?

ムダ毛を自己処理するに当たり、トラブルが起こってしまったという方は多いのではないでしょうか?

 

ムダ毛の自己処理で起こりやすいトラブルの一つに「毛のう炎」があります。

 

毛のう炎とは、皮膚病の一種で毛を毛穴から無理矢理引き抜くことで毛根の内部が傷つき、そこから細菌が侵入し炎症を起こしてしまった状態のことをいいます。

 

炎症が起こることで毛穴の部分が赤く腫れてしまったり、炎症によって化膿することで白い膿がニキビのようになってしまったりするのです。

 

また、毛のう炎は悪化してしまうことも多く、熱を持ってしまったり大きく腫れあがってしまうこともあり、このような場合にはこれ以上の悪化を防ぐ為にも皮膚科を受診すると良いでしょう。

 

毛のう炎の原】

毛のう炎は何故、発症してしまうのか?
原因を見ていきましょう。

 

カミソリや毛抜きによる脱毛、脱毛テープや脱毛ワックスなどを使用してムダ毛を自己処理していると、毛穴に傷をつけてしまうことがありますね。

 

出血はなくても、痛みを感じることは少なくないでしょう。

 

このように毛穴を傷つけてしまうと、そこから雑菌が侵入し毛穴の中で炎症を起こし毛のう炎へとなってしまうのです。

 

肌が健康な状態であればバリア機能が働き雑菌が侵入してしまうことはないのですが、ムダ毛の自己処理はどうしても肌に負担を掛けてしまう為、肌のバリア機能が衰えてしまいます。

 

更に、ムダ毛処理によって毛穴に傷をつけてしまうことで毛のう炎を起こしやすくなってしまうのです。

 

毛のう炎の対処法はある!?

毛のう炎を予防するには、毛穴を傷つけないことが絶対条件だと言っても過言ではありません。

 

また、肌が乾燥していると傷つきやすいだけでなく、バリア機能も低下してしまっている為、毛のう炎を起こしやすいので注意が必要です。

 

カミソリでの除毛や毛抜きによる脱毛、脱毛テープや脱毛ワックスなどを使用してのムダ毛の自己処理を行なう際、処理中や処理後に痛みを感じた時は肌を傷つけてしまった証拠ですので、アフターケアをしっかり行い、しばらくはムダ毛処理を控えましょう。

 

また、ムダ毛処理に使用するカミソリや毛抜きなどは常に清潔な状態を保ち、ムダ毛処理後だけでなく日頃から肌の保水、保湿を心掛けることも大切です。

 

もし、毛のう炎になってしまったら完治するまではムダ毛処理は控えるようにしましょう。
なかなか治らない、悪化していると感じた時は速やかに皮膚科の受診をおすすめします。