色素沈着とは!?

私たちの肌はダメージを受けるとそのダメージから肌を守る為にメラニン色素が生成されます。

 

このメラニン色素が過剰に生成されることで肌表面が黒ずんでしまい、こうした状態のことを色素沈着といいます。

 

日本人のような黄色人種は色素沈着を起こしやすく、特に色の濃い部位や、元々色黒の方の場合は色素沈着が起こりやすいと言われています。

 

色素沈着の原因

色素沈着というと、紫外線による日焼けの影響で起こりやすいというイメージを持たれている方が多いのですが、色素沈着してしまう理由、即ちメラニン色素が過剰に生成される原因は紫外線だけではありません。

 

色素沈着の原因は、肌にダメージを与えてしまうこと。

 

その為、カミソリを使った除毛や毛抜きによる脱毛、脱毛テープや脱毛ワックスなどの使用によってムダ毛の自己処理を繰り返し行うと、肌に強いダメージを繰り返し与えてしまうことになり、色素沈着が起こりやすくなってしまうのです。

 

また、ムダ毛処理直後など肌が強いダメージを受けた後、紫外線に当たってしまったり目の粗い衣類などで摩擦を与えてしまうと更に色素沈着が起こりやすくなってしまいますので注意が必要です。

 

色素沈着の対処法はある!?

色素沈着を予防するには、肌にダメージを与えないことが大切です。
紫外線対策を始め、ムダ毛処理前後の保水、保湿ケアを十分に行うと良いでしょう。

 

色素沈着を予防、改善するにはビタミンCが効果的だといわれています。

 

食生活の中でビタミンCを積極的に摂り入れるのはもちろん、ボディローションやボディミルクなど肌のケアを行なうケア用品もビタミンCが配合されているものを使用するのもおすすめです。

 

また、色素沈着が起こりやすい方の場合、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れているケースも少なくありません。

 

ムダ毛処理前後のケアに加え、アンチエイジングケアを行うこともおすすめです。

 

ムダ毛処理による色素沈着!ハイドロキノンを使っても大丈夫?

肌の漂白剤という異名を持つハイドロキノン。
顏にできたシミなどを改善する為に、ハイドロキノンが配合されたスキンケア用品を使用されている方もいますね。

 

顏に使用できるのだから、ムダ毛処理によってできてしまった色素沈着にも使用したい!と考える方もいるでしょう。

 

ムダ毛処理によってできた色素沈着に、ハイドロキノン配合の化粧品を使用しても良いのでしょうか?

 

その答えは?
特に問題ありません。

 

但し、ハイドロキノンとは元々医師の処方が必要であった強い成分であり、スキンケア用品に配合されている程度なら特に問題はないものの、高濃度のものですと白斑ができてしまうというトラブルもありますので、こうしたリスクも考慮し使用するか否かを検討しましょう。